記事一覧

2015年に関係者のみに配られた幻の Supreme x Nike Dunk High コラボフットウェアのヴィジュアルが登場

スーパーコピーSupreme(シュプリーム)とNike (ナイキ)によるコラボレーションフットウェアは、2017年Air More Uptempo、2016年Nike SB Blazer、2015年Nike Air Jordan Vなど数々のハイライトを残しているが、実はSupremeのスタッフだけに配られた激レアな1足が存在している事はご存じだろうか。
Supremeのニューヨーク店にてショップ店員がNikeからの荷物を受け取り、その中には赤いレザーでデザインされたNIKE Dunk Highが入っていた事を偶然顧客が目撃するという事態が起こっていた。

実はこれが2015年にSupremeのスタッフだけに配られた幻のエクスクルーシブモデルなのだ。

それ以降はそのコラボフットウェアが公になる事は無かったのだが、今回Instagramアカウント『DiabloSoles』がヴィジュアルを公開してくれた。

アッパーにはレッドカラーのプレミアムレザーとホワイトウールのコンビネーションが施されており、Supremeのブランディングはインソールのみ施されたミニマルなデザインが特徴的なモデルとなっており、ソールにはNikeのLUNARLON(ルナロン)が搭載されているので非常に軽量で履き心地も抜群な1足に仕上がっている。
ドバイに住む15歳の男の子がフェラーリを Supreme x Louis Vuitton 仕様にカスタム
東京・南青山に登場し、7月28日(金)〜30日(日)までは大阪、名古屋、福岡の3店舗で再販が行われ、今年のハイライトとも言えるほどのビッグコラボレーションとなったSupreme(シュプリーム)× Louis Vuitton(ルイヴィトン)。
Money Kicks(マネー・キックス)と名乗る若干15歳のドバイの少年「Rashed Belhasa(ラシェド・ベルハサ)」は、自身が保有しているフェラーリをSupreme x Louis Vuittonのモノグラムでカスタム。
なぜ弱冠15歳の彼がこのようなスーパーカーを保有できるとかもいうと実は彼、ドバイの大富豪「Saif Ahmed Belhasa(サイフ・アハメド・ベルハサ)」の息子なのだ。

そのため今回もパパからのちょっとしたお小遣でフェラーリを購入し、さらにはSupreme x Louis Vuitton仕様にカスタムを行ったのだ。

なんとも桁違いの金使いだが、そんな彼自慢のカスタムフェラーリを以下のムービーでチェックしてみては如何だろうか。

コメント一覧

コメント投稿

投稿フォーム
名前
Eメール
URL
コメント
削除キー